ESP総研レポート:2020年 「6Gワイヤレスサミット(海外バーチャルイベントレポート)」(公開資料:56社×130枚付き)

ESP総研レポート:2020年 「6Gワイヤレスサミット(海外バーチャルイベントレポート)」(公開資料:56社×130枚付き)

【サブタイトル】
~ 「6Gワイヤレスサミット2020」×「海外バーチャルイベントレポーティング」の網羅的な調査を実施、海外の6G進展状況の徹底探索・抽出・整理
≪合計56社×130件の「6Gワイヤレスサミット」を網羅的に抽出・整理&集計・グラフ化≫~

【調査対象】
・「6Gワイヤレスサミット2020」における発表内容 全般

【調査方法】
・弊社専門調査員による、2020年3月17日~22日にフィンランド、キッティラにおいて開催されたバーチャルイベントに日本から参加、オープンデータの収集ならびに、クローズドデータの収集、プラス弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査&レポート期間】
・2020年4月16日(調査開始)~2020年4月26日まで網羅的な調査を実施した。その後、レポーティング(コメント集計&分析)を実施し、2020年5月11日にコメント集計&分析ならびにグラフ化・コメント化が終了した。

【はじめに】
2020年がスタートして4か月が経過したが、 「6G」に関する「海外イベント視察&情報収集&レポート(報告書作成)業務」(報告会・プレゼン開催も含む)に対するリクエスト数が、ここ最近(2019年11月または2019年12月以降)、急速に増えた。
「6G」に関連する将来ビジョンや先端プレイヤーの動向、テクノロジー・トレンド・先端技術や先端商品・サービスについて、当該法人企業(当該プレイヤー)、特に先端技術の応用・展開の可能性を追求するR&D部門や、新製品開発や新規市場創出を模索するマーケティング部門から強く求められている。この背景にあるのは、「6G」などの先端分野について、海外の方が日本よりも2~3年は進んでいる(先行している)からである。
こうした声を受けて、2020年3月17日~2020年3月20日までの期間に開催予定だった「6G Wireless Summit」(開催場所:フィンランド・キッティラ)について、(一社)新規事業・新規市場創出研究会 海外ビジネススペシャリスト ボリンジャー 実穂子 がイベント視察に行き、深堀調査(情報収集、各種記録、キーマンとの名刺交換&ヒアリング)&レポート化する予定であったが、「新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)」の影響により、現地訪問視察はできなかった。しかしながら、2020年3月17日~22日にフィンランド、キッティラにおいて開催されたバーチャルイベントには、日本から参加した。
上記バーチャルイベントへの参加により、急速に調査ニーズが高まっている“2020年 「6Gワイヤレスサミット(海外バーチャルイベントレポート)」(公開資料:56社×130枚付き) ” ~ 「6Gワイヤレスサミット2020」×「海外バーチャルイベントレポーティング」の網羅的な調査を実施、海外の6G進展状況の徹底探索・抽出・整理≪合計56社×130件の「6Gワイヤレスサミット」を網羅的に抽出・整理&集計・グラフ化≫~”をレポート化した。
この調査報告書が「6G」に着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

【目次】
I. 総括 編 P1
1)大分類&集計・分析(6Gワイヤレスサミット2020参加企業・団体の発表内容を項目別に集計&網羅的に体系化)<6Gプレイヤー10社×市場参入部門>P2
2)大分類&集計・分析(6Gワイヤレスサミット2020参加企業・団体の発表内容を項目別に集計&網羅的に体系化)<6Gプレイヤー市場参入部門> *参加企業・団体10社のみグラフ化 P3
3)企業・団体別×6Gワイヤレスサミット2020(合計130件数)別 ×マトリックス 集計&分析< 企業・団体別件数(56社)>*抽出件数2件以上のみグラフ化 P4
4)国別×6Gワイヤレスサミット2020参加国×マトリックス 集計&分析<21ヵ国×抽出件数(件)> P5
5)国別×6Gワイヤレスサミット2020参加国×マトリックス 集計&分析<21ヵ国×抽出件数(%)> P6
6)世界地域別× 6Gワイヤレスサミット2020参加国×マトリックス 集計&分析<世界地域別抽出件数(%)> P7
7)「第2回6Gワイヤレスサミット2020」×「海外バーチャルイベントレポーティング」(130件)項目別一覧(100%出典先も記載した)P8
Ⅱ.参考資料(付録) 編(56社×130枚) *出典項目別×第2回6Gワイヤレスサミット×レポーティング(公開事例のみ)P1
1.6G未来シーン P2
1)未来のモバイルテクノロジ:ITUの取り組み P3
2)ユビキタス・ネットワーク:スマートシティ P4
3)6Gサービスのポテンシャル・ユースケース P5
4)6Gビジョン P6
5)6Gイメージ P7
6)完全自動化社会 P8
7)6Gのアーキテクチャ P9
8)物理的、生物学的、及びデジタル世界の相互接続のための6G P10
9)100 GHzを超えるワイヤレス通信とアプリケーションの未来 P11
2.プレイヤー動向、ビジョン・戦略・方針 P12
1)IMEC International:将来の6Gアプリケーション P13
2)Interdigital:ロイヤルアカデミーとのコラボで6Gの研究を推進 P14
3)InterDigital:6G ビジョン P15
4)Advanced Wireless: EMPOWER Project(エンパワープロジェクト) P16
5)6Gエネルギーとコミュニケーションの成功へのステップ P17
6)6Gに向けたサービスネイティブチャレンジとイノベーション(1)P18
7)6Gに向けたサービスネイティブチャレンジとイノベーション(2)P19
8)ZTE 6Gネットワーク・ビジョン2030年 P20
9)NOKIA Bell Labs:6G時代の通信 P21
10)NOKIA Bell Labs:6G時代の通信(要約)P22
11)職業別5G実装 P23
12)ワイヤレスの新世代とその測定への影響 P24
13)ワイヤレスの新世代とその測定への影響(要約)P25
14)エリクソン:6Gに向けて P26
15)KPIを6Gに向けて進化させる P27
16)Huawei:6G~次のホライゾン~ P28
17)100GHzを超えるワイヤレス通信とアプリケーション P29
18)Rice University:データ分析による病気の予測 P30
19)6G:接続されていないものの接続と接続されているもののスーパー接続 P31
20)6G:接続されていないものの接続と接続されているもののスーパー接続(要約)P32
21)「Forsway Xtend」~農村部や遠隔地にブロードバンドを提供する主要な5G / 6Gテクノロジ~ P33
22)欧州向け6G:推進要因とモチベーション P34
23)サービスプロバイダーの観点から見た6Gの10の問題 P35
24)再構成可能なインテリジェントサーフェス P36
25)ハイブリッドデジタル/アナログmmWaveマルチユーザーMIMOの初期光束取得、プリコーディング、及び変調 P37
26)B5G・6G:テクノロジーとポリシーの交差点における研究とイノベーションの機会 P38
27)2030年のモバイル通信の展望 P39
28)6Gのスマートワイヤレス・ボディエリアネットワーク P40
29)未来のユビキタス、トランスペアレント、及びタクタイル・ワイヤレス・ネットワークの形成 P41
30)ワイヤレスの新世代とその測定への影響 P42
31)セマンティックワイヤレス:ネットワーク化されたインテリジェントシステムのパラダイムシフト P43
32)電磁気学、サーキット及びシステムにより、第3のワイヤレス革命が可能に P44
33)電磁気学、サーキット及びシステムにより、第3のワイヤレス革命が可能に(要約)P45
34)6G:コネクテッドワールドの統合インテリジェンスに向けて P46
35)2020年に向けたモバイルネットワークのビジョンと必要事項 P47
36)ネットワークセキュリティのエンドレス・クエストの次のステップ P48
37)効率的なグローバル最適化 P49
38)真のテラヘルツ周波数での超広帯域安全通信の実験的実証 P50
39)真のテラヘルツ周波数での超広帯域安全通信の実験的実証(要約)P51
40)ハイパーコネクテッドワールドでのプライバシー ~データ共有の扱い方~ P52
41)テラヘルツ/ 6G「システムオンチップ」に向けて P53
42)B5Gの接続におけるLEO小型衛星のコンステレーション P54
43)ウェアラブルデバイスの設計における将来のワイヤレステクノロジーの課題 P55
44)THzワイヤレス通信システムの課題とアプリケーション P56
45)6Gの時代にWi-Fiは必要か? P57
46)6G:研究の次のフロンティア P58
47)6G:研究の次のフロンティア(要約)P59
48)オールデジタルのミリ波大規模MIMOを救う低解像度 P60
49)THz通信に向けた電力効率の良い無線アーキテクチャ P61
50)B5Gのローカリゼーション:テクノロジー、方法論、課題 P62
51)トレーニングのコストを削減するための学習からメタ学習へ P63
52)6Gテクノロジーが将来のワイヤレス医療を変える方法 P64
53)6Gオプティカルワイヤレス・コミュニケーションシステムにおける最適なリソースの割り当て P65
54)6Gオプティカルワイヤレス・コミュニケーションシステムにおける最適なリソースの割り当て(要約)P66
55)時代を超えて:ステータス更新システムにおける適時性保証のための情報の緊急性 P67
3.新規市場創出分野・潜在市場規模 P68
1)新デバイスとユーザーインターフェース P69
2)6Gモバイル P70
3)6Gターゲット別のフォーラム P71
4)新たなニーズ、アプリケーション、サービス、及びユースケース P72
5)2025年 欧州における5Gの市場規模予測 P73
6)ワイヤレス接続が可能にする大きな社会変化 P74
7)業種別サービスプロバイダー:マイクロオペレーター(uO)P75
8)6Gフラッグシップ戦略的研究領域 P76
9)グローバル・インターネット・トラフィックの成長 P77
10)モバイルインターネットトラフィックの予想される成長 P78
4.テクノロジー・トレンド P79
1)B5G大容量アプリケーション P80
2)ホログラフィックMIMO技術 P81
3)6Gへの道を見つけるための技術 P82
4) 6Gに向けたサービスネイティブチャレンジとイノベーション P83
5)BCI(ブレイン・クラウド・インターフェイス)~コネクティッド・ブレイン~ P84
6)2030年代、未来のコミュニケーション P85
7)2030年代、6Gに必要なキーテクノロジ P86
8)ヒストグラムによるスペクトルデータ分析のデータセットシフトの定量化 P87
9)6Gネットワーク:分散型自律システムに向けて P88
10)シリコンプロセステクノロジーは、チップ上に完全に統合されたテラヘルツMIMOシステムを実現 P89
11)5GNR向け回転可能な同時トライバンドシングル無線受信機 P90
12)100 GHzを超えるワイヤレス通信とアプリケーション P91
13)mmWave及びTHzアプリケーション P92
14)6G 可視光通信(VLC)P93
15)6Gが可能にするサービス P94
16)次のコミュニケーションパラダイムの推進力 P95
17)統合された:センシング、レイダー、イメージング、コミュニケーション P96
18)超低高度軌道衛星 P97
19)6Gを可能にするテクノロジー P98
20)6Gへの期待 P99
21)ネットワークアーキテクチャの変化(1)P100
22)ネットワークアーキテクチャの変化(2)P101
23)ネットワークアーキテクチャの変化(3)P102
24)新しいサービスイネーブラ P103
25)6Gでは、すべてのユーザー固有の計算とインテリジェンスがエッジクラウドに移行 P104
5.6G関連課題 P105
1)ムーアの法則の限界 P106
2)Edhomsの法則がMooreの法則に追いつく P107
3)研究開発者vs.ビジネス事業者 P108
4)二酸化炭素排出量の増加 P109
5)5G公式ゴール~ 6Gへの道を見つける~ P110
6)ZTE今後の課題と展望 P111
7)北欧‐バルト海地域における5Gの状況 P112
8)B5Gに向けたメキシコにおけるスペクトラムの課題 P113
9)6Gグリーンネットワークに関する課題 P114
10)6Gは5Gの延長ではない P115
11)6Gの考慮事項 p116
12)サイバー攻撃への対応策の必要性 P117
13)6Gデータ市場のプライバシー保護 P118
14)6Gにはアップグレードされたネットワークパラダイムが必要 P119
15)6Gサービスプラットフォームを成功させるための重要な前提条件 P120
6. 6G関連法規制 P121
1)International Mobile Telecommunications(IMT):2020年以降のIMT(1)P122
2)International Mobile Telecommunications(IMT):2020年以降のIMT(2)P123
3)UN:持続可能な開発目標-SDGs(1)P124
4)UN:持続可能な開発目標-SDGs(2)P125
5)リリース16・17 P126
6)リリース16・17タイムライン P127
7)3GPP 5G NR リリース 15,16&17 P128
8)6Gの標準化 P129
9)6G開発の進展 P130
10)ソサエティー5.0 P131
7.備考 P132
1)6Gワイヤレスサミット2020 P133
2)6Gバーチャル・ワイヤレスサミット2020 P134
3)6Gワイヤレスサミット2020参加者統計 P135
4)6Gワイヤレスサミットの今後 P136
5)用語 P137
6)その他 P138
奥付け

【ISBNコード】
ISBN978-4-86567-280-0 C2034

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】
1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)調査・分析・レポーティング:Dream’s Commerce ボリンジャー 実穂子

【トータル・ページ数(報告書)】
・19ページ *別途、公開事例は(56社)130枚

【資料名】
『2020年 「6Gワイヤレスサミット(海外バーチャルイベントレポート)」(公開資料:56社×130枚付き)』

【頒価】
PDF(CD-R)*Excel(集計&加工用 生データ)も添付:本体価格180,000円+税<※全てカラー>

【発刊日】
2020年5月11日

【報告書体裁】
A4版 PDF(CD-R)*Excel(集計&加工用 生データ)も添付

【ページ数】
19ページ *別途、公開事例は(56社)130枚