備忘録:VBA:Office16対応:シートを開いた時、シートトップを表示しない。

マイクロソフト社のOffice16に変えると、今まで使えたものが使えなくなることがあります。
今回の例は、Office16以前では、VBAでシートを開くと前回セーブした際のシートの画面が表示されました。
office16になると、シートのトップを意図的に設定しなければならない場合があります。

指定例:シートの左上(A1)を表示する。
Application.Goto reference:=Range("a1"), scroll:=True

何事もしっかりと指定しなければなりません。