ESP総研レポート:2018年「燃料電池」×「ターゲッティング(用途・適用分野)」に関する深堀調査

【サブタイトル】
~ 当該主要ベンダ(48社・団体)を中心に、「燃料電池」×「ターゲット・セグメント(75種類)」の網羅的な調査を実施、「燃料電池」×「有望&新規ターゲット・セグメント」の徹底探索≪合計373件の「燃料電池」用途・適用分野×全「ターゲット・セグメント」種類(75種類)を抽出・整理&コメント集計・グラフ化≫~

【調査対象】
・「燃料電池」分野 全般

【調査方法】
・弊社専門調査員によるオープンデータの収集ならびに、クローズドデータの収集、プラス弊社内データベースの活用により調査・分析を行った。

【調査&レポート期間】
・2018年8月15日(調査開始)~2018年8月24日まで網羅的な調査を実施した。その後、レポーティング(コメント集計&分析)を実施し、2018年8月26日にコメント集計&分析ならびにグラフ化・コメント化が終了した。

【はじめに】
2018年度がスタートして5ヶ月半が過ぎたが、「燃料電池」の用途探索・応用分野探索に対する期待値や注目度は今まで以上に高まっている。

先端技術テーマや先端商品・サービスの用途・ターゲット探索であるが、当該法人企業(当該プレイヤー)、特に先端技術の応用・展開の可能性を追求するR&D部門や新規顧客開拓を行う営業部門、新市場開拓を模索するマーケティング部門から強く求められている。

こうした中で、「燃料電池」の新たなターゲッティング(用途・適用分野)について網羅的に調査&レポート化して欲しい!といった声が挙がっている。また、 「燃料電池」ビジネスを積極的に展開しようと計画しているベンダにとって、今後の販売・パートナーリング展開、ならびに新規市場・顧客開拓に役立つ(活用価値が高い)ような「燃料電池」×ターゲッティング(用途・適用分野)について深堀調査&レポート化して欲しい!といった声も高まっている。

こうした声を受けて、ESP総研では急速に調査ニーズが高まっている“2018年「燃料電池」 ×「ターゲッティング(用途・適用分野)」に関する深掘調査 ” ~当該主要ベンダ(48社・団体)を中心に、「燃料電池」×ターゲッティング(用途・適用分野)の網羅的な調査を実施、 「燃料電池」 ×ターゲッティング(用途・適用分野)の徹底探索≪合計373件の「燃料電池」 ×ターゲッティング(用途・適用分野)を抽出・整理&コメント集計・グラフ化≫~”をレポート化することとなった。

この調査報告書が「燃料電池」 ×ターゲッティング(用途・適用分野)に着眼する全ての皆様のマーケティング活動に貢献できることを心から切に望むものである。

【目次】
Ⅰ.総括 編 P1

1)大分類&集計・分析(合計373件の燃料電池×用途・適用分野を集計&網羅的に体系化)P2

2)企業別×燃料電池 用途・適用分野(合計373件)別×マトリックス 集計&分析<1.企業・団体 別>※抽出件数2件以上グラフ化 P3

3)企業別×燃料電池 用途・適用分野(合計373件)別×マトリックス 集計&分析<2.小分類 別> ※抽出件数2件以上グラフ化P4

4)企業別×燃料電池 用途・適用分野(合計373件)別×マトリックス カウント・数値定義について(解説)P5

5)企業別×燃料電池 用途・適用分野(合計373件)調査担当者による調査所感・感想 P6

6)当該67社・団体(社名・団体名 非公開企業は全部で1社・団体とカウント)における「燃料電池」×用途・適用分野&対象エリア マトリックス一覧(MAP:俯瞰図) P7

7)「燃料電池」×ターゲッティング(373件)→【大分類6セグメント】用途・適用分野(可能な限り、出典先も記載した)P27

8)「燃料電池」ポテンシャル・プレイヤー×マーケティング・マトリックス(48社/部門) P37

奥付け

【ISBNコード】
ISBN978-4-86567-200-8 C2034

【企画・調査・分析・レポーティング・監修・編集】
1)企画・監修・編集:ESP総研 村岡 正悦
2)調査・分析・レポーティング:ESP総研 田嶋 樹里

【トータル・ページ数(報告書)】
・53ページ

【資料名】
『2018年「燃料電池」×「ターゲッティング(用途・適用分野)」に関する深堀調査』

【頒価】
PDF(CD-R)*Excel(集計&加工用 生データ)も添付:本体価格180,000円+税<※全てカラー>

【発刊日】
2018年8月27日

【報告書体裁】
A4版 PDF(CD-R)*Excel(集計&加工用 生データ)も添付

【ページ数】
53ページ