開発メモ:EXCEL VBAでGoogle MAPが表示できなくなった時の対応

従来、EXCELのVBAでGoogle Mapを表示する際、API Keyは必要ではありませんでしたが、2018年6月以降、Google Map の API Keyが必要となりました。今回、API Keyの取得方法と、EXCEL VBAへの設定方法を記載致します。

1.Google Map API Key の取得
1)Google API Console - Google Cloud Consoleにアクセス
https://console.cloud.google.com/apis/library?hl=ja

2)画面右上の「Google Cloud Platform」と書かれてタイトル右横で対象業務のプロジェクトを選択
無い場合は、新らしいプロジェクトを作る  ※画面の説明に従って作ればOK

3)画面右上の「Google Cloud Platform」と書かれてタイトル左横のナビゲーションメニュー
(左に表示)から「APIとサービス」>「認証情報」を選択

4)「認証情報を作成」でAPI Keyを作成することができる。

2.EXCEL VBAへの認証キーの設定
1)VBA のGoogle mapへのアクセスURLを以下の通り変更
訂正前: http://maps.google.com/maps/api/geocode/xml?sensor=false&address=●●●●
●●●● は住所  例:柏市北柏3-5-5
訂正後: https://maps.google.com/maps/api/geocode/xml?sensor=false&address=●●●●&key=○○○○
○○○○ は上記で取得したAPI Key

注意: http から https にする必要があります。
尚、このURLをブラウザでアクセスすると、XMLで記載されたGPS情報などが表示されます。

EXCEL VBAでGoogle Mapを表示する方法は、『備忘録:EXCELでGoogleMapを表示する』をご覧ください。
以上